MAGAZINE

【裏技アリ】マスククリア&脱着の方法とコツ〜ダイビングスキル詳細解説〜

スキルについて

ダイバーが普段のダイビングで利用する頻度No.1のスキル。
ダイビングを始めようとする人がつまづく確率No.1のスキル。

それがマスククリアです。

今回は、マスククリアのやり方と練習方法、そして、コツや裏ワザもご紹介。
合わせて、マスク脱着についても解説していきます。

重要なスキルなので、しっかりと練習しましょうね!
ちなみに唯一と言っていいほど、お風呂でも練習できるスキルですよ!笑

どんな時に使うの?

水中で少し表情を変えただけでもわずかに水がマスク内に入ってきてしまうことがあります。
また、誰かとぶつかってマスクがずれてしまうことが無いとも言えません。
さらに、マスクが曇ってしまった場合に、わざと水を入れてレンズを洗う、といった応用が可能です。

ダイビング中、マスク内に水が入ることを嫌がる方は多いですが、マスクには水が入るのが普通です。
マスクに水は入る物、と思ってマスククリアをマスターしましょうね!

マスククリアのやり方は?

やり方はとっても簡単!

STEP1:マスクのフレーム上部を抑えます。

押さえるのは両手でも、片手でマスクの中心をでも、どちらでもOK!

STEP2:鼻からやさしく、ハミングをする様に息を吐きます。

STEP3:息を吐きながら上を向きます。

練習の方法

練習のためにはわざと水を入れる必要があります。
この時、マスクの下を開けるのではなく、マスクの上(おでこ側)を開けるようにしましょう。

もちろん、一気に開けてしまうと大量の水が入ってきてしまうので、ほんの少しだけ、ちょろちょろと水が入って来る程度でOKですよ!

水が大量に入って来るのが怖いという方、はじめのうちはマスクのおでこの辺りをつまむのも良いでしょう。
これだと、絶対にちょろちょろとしか入って来ません。

どうしてもマスクに水が入って来ることが怖いという方は、マスク無しで水中で呼吸する練習をしてみましょう。

練習の際のコツと注意点

マスクに水が入り鼻に水が当たると、慣れないうちは反射的に苦しく感じます。
落ち着いて呼吸を確認してから始めましょう。

マスククリアのコツは以下の3つ。

  • フレームを抑える時は、少し下に向けて押す
    上に向けて押してしまうと、マスクがずれてしまってうまく水が抜けません。
  • 鼻から息を吐く時は、ハミングをする様に優しく長く吐く
    強く短く吐いてしまうと、うまく抜けません。
  • 最後はしっかりと上を向く
    ただし、息を吐き続けながら上を向かないと、鼻から水が入ってしまいます。
    もし鼻に水が入ってしまった場合は、鼻を強くつまむと、痛みが少し和らぎます。

デモンストレーション動画

では、 ここまでを動画で見てみましょう。

マスククリアが苦手な人のためのチェックリスト

マスククリアが苦手という方は非常に多いため、もう少しだけ深堀りしてみます。

鼻から息を吐けていない

最も多い失敗の理由です。
鼻から息を吐かないと水は抜けてくれませんが、散々口呼吸を意識させられたあとだと、逆に鼻から吐けなくなっちゃったりするんですよね……。

練習方法としては、マスクを外して水面で、鼻呼吸と口呼吸を切り替える練習をすると良いでしょう。

息を吐く時間が短い

こちらもよくある失敗。
ハミングする様にンーーーーーーと吐くのが正解です。

逆に、頑張り過ぎて、フンッ、フンッ、と吐いてしまうと上手く水が抜けてくれません。

マスクの押さえ方がおかしい

マスクの上部を押さえる時に、若干上から下向きに押さえると良いでしょう。
一方で、真正面から押さえてしまったり、下から押さえてしまうとマスク上部からも空気が漏れてしまいます。

特に下から上向きに抑えてしまうと、マスクが上部にずれてしまい、これもまたうまく水が抜けない原因となります。

また、強く押さえすぎてしまっても、空気が意図しない所から盛れてしまってうまく水が抜けません。
押さえる力は軽い力でOKです。

マスクがきつすぎる

意外に見落とされがちなのがこの失敗。

マスクに水を入れたくないという気持ちが強いと、どうしてもマスクストラップをきつくしてしまいがちです。

しかし、実は逆効果。
マスクストラップがきつすぎると、顔の動きに合わせてマスクが柔軟に形を変えることが出来なくなってしまい、逆に水が入りやすくなってしまいます。

さらに、その入った水を出そうとマスククリアをしても、きつく締まり過ぎていると、上手くマスク下部から空気が抜けてくれません。

マスクに水を入れたくない、入ってもスムーズにマスククリアを行いたい人は、騙された思って自分で思っているよりも緩めにしてみてくださいね。
目安としては、鼻から息を吐いた時にマスクが少し浮く程度が正しい締め具合です。

マスククリアの裏ワザ

何回やってもうまくいかない!!
そんなあなたに裏ワザをご紹介しちゃいます!

ここまでのうまく行かない理由を全て確認してみて、それでもうまく行かない方は、こちらの裏ワザをお試し下さい!

マスクの下をあける

たったこれだけ。
マスクのフレーム上部は押さえたまま、下部を親指でほんの少しだけあけます。

これだけで、あの難しい(?)マスククリアがいとも簡単に!

ただし!
以下の点が要注意。

マスククリアの裏ワザの注意点

あけすぎる

あけすぎてしまうとマスククリアが終わった後に水が残ってしまいがちになります。
ほんのちょこっと、イメージ的には2mmぐらいが良いでしょう。

しめるのが遅すぎる

鼻から息を吐いているうちにしめれば、マスクの中に水が残る可能性は下がります。
しかし、鼻から息を吐ききってからしめてしまうと、こちらもまたマスクに水が残ってしまう原因となります。

慣れてくると意識せずとも絶妙なあけ方、しめるタイミングが出来る様になりますよ!

マスクが上にずれる

マスクの押さえ方でも触れましたが、マスクが上にずれてしまうと水が抜けづらくなるばかりか、マスククリアができたと思っても後から後から水が入って来てしまうことになります。

マスクの下を開ける際に親指を使うため、力が入っているとマスクが上にずれやすくなるので注意しましょう。

マスク脱着

マスククリアはできるのにマスク脱着はできない……
そんな方もいらっしゃると思います。

しかし、マスククリアができればマスク脱着ができないはずはありません!

マスククリアができない大きな原因は焦りです。

マスク脱着の練習方法

STEP1:マスクに水を入れる

マスク脱着になると、突然マスクをガバっと取ってしまう方を見かけますが、マスク脱着の練習をする際も、マスククリア同様にゆっくりと水を入れ、呼吸を落ち着けてから次に進む様にしましょう。

もちろん練習のための練習ではないので、不意にマスクが取れてしまうことにも対応できる必要がありますが、何度もマスク脱着を練習しているうちに、不意にマスクが取れてしまっても焦らないようになりますよ。
(実際のダイビングで不意にマスクが取れてしまうケースは少ないですが)

STEP2:マスクを取る

マスクの中全てに水が入っていれば、マスクを取った瞬間に鼻に水が入るということもありません。
落ち着いてマスクを外しましょう。

STEP3:マスクを装着する

髪の毛が入らないように、ストラップにねじれが無いように装着をしましょう。

そして、最も重要なのがマスクを正しい位置で装着することです。
早くマスク脱着という苦行から開放されたいあまり、雑にマスクをつけてしまい、マスクの位置が通常よりも上、場合によっては鼻がはみ出たままマスククリアに入ろうとしてしまう方をよく見かけます。

しっかりと鼻が入る位置が正しいことを確認しながら装着すると良いでしょう。

STEP4:マスククリア

マスクが確実に正しい位置にあることを確認したら、マスククリアを行います。
ここまで焦らずにできれば、スムーズにマスククリアができますよ!

デモンストレーション動画

では、 ここまでを動画で見てみましょう。
マスクの位置の確認が若干甘いですが、ご容赦を……

最後に

ダイビングライセンスの講習で習うスキルのうち、レギュレーターリカバリーやオクトパスブリージングなど、多くのスキルについて実際のファンダイビングで行う機会は少ないでしょう。

しかし、このマスククリアでは1本のダイビングのうちでやらないことはないと言っても良いほど頻繁に使うスキルです。
一方で、苦手意識を持つ方が最も多いスキルでもあります。

現在講習中、またこれから講習を受けるという方は、できたかできてないかギリギリでOKをもらえたらラッキー、ではなく、確実にできるようになるまで、練習に付き合ってもらうことをおすすめします。(もちろんマスククリアだけでなく、他のスキルもですが!)

TOPモデル:AYA
写真:関戸紀倫

細谷 拓

553,700 views

合同会社すぐもぐ代表社員CEO。 学生時代、大瀬崎でのでっちをきっかけにダイビングにドはまり。 4年間で800本以上潜り、インストラクターを取得。 静岡県三...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。