仕組みを理解して耳抜きをマスターしよう!水圧と体内空間

ノンダイバー向け

耳抜きとは?

陸上と異なり、水中では水圧という力がかかります。
そのため、身体の内部(耳の内部)と身体の外部(水中)の圧力差を解消するために、圧平衡が必要となります。
特に、耳の圧平衡のことを耳抜きと言います。

ダイバーの方でも耳抜きに苦手意識を持っている方はいらっしゃいますね。

苦手という方が多い理由、実は仕組みを正しく理解していないことがひとつの原因です。

耳抜きが必要な理由と、適切な耳抜きの方法を知ることで、ほとんどの方にとって耳抜きは、簡単なスキルになりますよ!

耳抜きが必要な理由

では、なぜ耳抜きが必要になるのでしょう?

それは、身体の内部(耳の内部)と身体の外部(水中)で圧力に差が生まれることが原因です。

この圧力差が引き起こした痛みのことを「スクイズ」と言います

そして、痛みを解消するためには、この圧力差をなくしてあげる必要があります。
この動作が「耳抜き」に代表される圧平衡です。

そもそも深く潜れば潜るほど水圧がかかります。

ここまでを理解してみると、痛くなる前に、周囲の水圧が上がったことを感じたら、落ち着いてその水深で留まり、ゆっくり耳抜きを行うことで、ほとんどの方がスムーズに耳抜きを行うことが出来る様になりますよ!

リバースブロックとは?

痛いのを我慢して無理やり耳抜きを行ってしまうと、今度はスクイズと逆の現象、「リバースブロック」によって、再び痛みを生じてしまうので、無理な耳抜きは厳禁です。

圧力の差が痛みを引き起こすので、耳以外の体内の空間でもスクイズやリバースブロックは発生します。

潜降時、副鼻腔は耳抜きと同時に、勝手に圧平衡が完了しますが、無理な耳抜きを行うと、浮上時にリバースブロックを起こしてしまいます。

そして、この目頭のあたり、副鼻腔のことをダイビングでは「サイナス」と呼びます。

耳抜き以外の圧平衡

尚、厳密には体内の空間ではありませんが、マスクやドライスーツでもスクイズを引き起こすことがあるので、こちらも併せてご紹介。

ちなみにマスクのスクイズに関しては、ほとんどの方が無意識のうちに圧平衡を行うので、必要以上に気にする必要はありませんよ!

耳抜きの方法とコツ

苦手意識のある方も多い耳抜き、中には「耳が抜けづらい体質で…」とおっしゃる方もいます。

確かに、体質的に耳が抜けづらい方も稀にいらっしゃいますが、ほとんどの場合は「誤った知識」「誤った耳抜き」によって、上手く行っていないだけ。

正しく仕組みを理解して、落ち着いてゆっくり行えば大丈夫ですよ!

また、水中でうまくいかないな、と思った時には様々な方法を試してみるのも効果的です。
鼻をつまんだ状態で鼻から息を吐くバルサルバ法以外にもフレンツェル法やトインビー法など様々な方法があるので、自分に合った方法を見つけてみてくださいね。

少し抜けづらいという方も、日ごろから耳抜きの練習を行うことで、どんどん抜けやすくなっていくので、海に行く日を想像しながら練習してみましょう!

それでも抜けづらいという方は・・・

練習を行うのには、オトヴェントを使うのが効果的。
元々は滲出性中耳炎を治療するための医療器具ですが、医師でなくても購入することが可能です。

それでも抜けづらいという方は、耳抜き補助具を使ってみるという方法もありますよ。

正しい耳抜きを身につけて、快適なダイビングを楽しんでくださいね!

細谷 拓

18,263 views

合同会社すぐもぐ代表社員CEO。 学生時代、大瀬崎でのでっちをきっかけにダイビングにドはまり。 4年間で800本以上潜り、インストラクターを取得。 静岡県三...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。