MAGAZINE

5月1日、西伊豆・堂ヶ島に新ポイント・サク根オープン!注目は海底温泉!?

土肥サク根の海底温泉
海からのニュース

堂ヶ島に新ポイント・サク根オープン!

西伊豆のダイビングスポット・堂ヶ島(どうがしま)からニューーース!
5月1日に、新しいダイビングポイントがオープンします。
その名は……、サク根(さくね)!

なんでも、海底の岩の裂け目から、温泉が湧き出しているそうなんです。

堂ヶ島サク根の海中温泉

↑の写真、もやもや〜が見えますよね。
これが、温泉です。

マリンステーション堂ヶ島の窪田さんによると

「両手を入れることができる程度の岩の隙間から、温泉がもやもやとでてます。グローブを外して手をかざすと熱いくらいです。温泉が湧き出てる岩があるのは、水深3~5mの場所。切れ目に沿っていたるところから温泉がでてるのが確認できます。湯量が多いのは両手を入れることができる岩ですね」

とのこと。
ちなみに、測ってはいないものの温度は50度以上と思われ、また、成分は硫酸塩泉だそうです。

これは体験してみたい!
(この「もやもや~」としているのは、周りの海水との温度差、サーモクラインですね!)

サク根の水中マップ

温泉が湧いているのは、北の根。
縦穴やクレバスなど、地形メインがメインのダイビングポイントです。
そして、高確率で2匹のカメに会えるんだとか!

堂ヶ島サク根

北の根以外にも、南の根、東の根も見どころ豊富。
魚の量が多く、秋になれば潮の流れが早くなるので回遊魚も楽しめそうという情報も。

また、2021年4月6日に、ダイビングショップスタッフを対象に行われた調査ダイブでは、ウミウシ数種類のほか、ネコザメやウミガメ、クエなどと出会うことができたそうです。

調査ダイブの際の様子

出船場所となる天窓洞から西へ2〜3分のところに位置する、注目NEWダイビングポイント・サク根。

「実は、マリンステーション堂ヶ島をオープンした10年ほど前から、漁師さんたちに“温泉が出ている”という情報は聞いていたんですね。けれどなかなか許可がおりませんでした。
今年、やっっっっとオープンまでこぎ着けました!」
(窪田さん)

きっとこれから、サク根はどんどん開拓されていくことでしょう。
堂ヶ島の名物ポイントになる日も近い!?

最新情報は、マリンステーション堂ヶ島のHPをチェックしてみてくださいね!
https://ms-dogashima.com/

堂ヶ島といえば・・・!

堂ヶ島

堂ヶ島は、国の天然記念物である「天窓洞」からボートが出航することでも有名。洞窟の天井に大きな穴が開いており、そこから差し込む光が創り出す風景も必見です。

これまでは、

  • 浮島根
  • アジョウ根
  • カマガ根

の3つのダイビングポイントでボートダイビングが楽しめました。
どのポイントもたくさんの魚が集まるポイントです。

ここにサク根が加わることで、さらにバリエーションが豊富になりますね!

もちろんボートダイビングだけでなく、浮島ビーチでのダイビングも楽しめます。
“ウミウシ観察といえば浮島ビーチ”というほどウミウシが豊富なポイントなので、こちらも見逃せません。

こ……これは、1日では潜りきれませんね!

堂ヶ島についての情報は、是非こちらもご覧ください。
天気や風、波などの情報から、Twitter上でのクチコミ情報まで、事前に要チェック!

西伊豆・浮島・堂ヶ島のダイビングスポット情報|ScubaMonsters日本全国ダイビングスポット情報

堂ヶ島へのアクセス

車の場合

新東名高速道路・長泉沼津インターチェンジより、伊豆縦貫道、伊豆中央道と経て月ヶ瀬インターチェンジ(終点)へ。
月ヶ瀬インターチェンジから国道136号線を南下します。

長泉沼津インターチェンジから約75km、所要時間は1時間半~2時間です。

電車・バスの場合

伊豆箱根鉄道修善寺駅より東海バスの松崎行きで約70分、または伊豆急行線下田駅より東海バス堂ヶ島行きで約60分です。

どちらも「堂ヶ島」バス下車です。

関連記事

西伊豆・浮島・堂ヶ島のダイビングスポット情報|ScubaMonsters日本全国ダイビングスポット情報

■情報提供:マリンステーション堂ヶ島(https://ms-dogashima.com/

山本 晴美

6,098 views

Scuba Monsters編集長。 1984年生まれのイルカ・クジラ好き編集者。高校2年生でダイバーデビュー。ダイビング誌や主婦誌の編集部、雑誌&書籍を手...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。