MAGAZINE

井田のダイビングスポット情報

海について

抜群の透明度と圧倒されるほどの魚の群れ!
ビーチダイビングとは思えない、ダイナミックなダイビングをしてみませんか?

そんな井田のダイビングスポット情報をその魅力とともにご紹介します。

ダイビングの基本情報から、季節ごとの見どころをまとめたシーズナリティ、ダイビングポイント紹介まで、海の情報満載でお届け!

井田の概要

静岡県の西伊豆エリアに位置する井田は、海と山々に囲まれた自然溢れる静かな漁村。

井田の海水浴場は知る人ぞ知る人気スポットです。
その理由は都心から日帰り可能なアクセスと、綺麗な水質にあります。

例年環境省が行っている海水浴場の水質調査では、なんと沖縄県の離島、宮古島や石垣島に並ぶ水質調査結果を叩き出しているほど。

近隣の大瀬崎海水浴場と比較するとやや人が少な目なので、のんびりと楽しむことができる穴場スポットです。

井田ダイビング基本情報

井田の海は、海岸からすぐに水深35mほどまで達する急深な地形が特徴。
潮流の通りが良く、透明度が高い日が多いダイビングスポットです。

その透明度の高さと透き通る青さから「井田ブルー」と称されることも!
見通しの良い海の中層で、圧倒的な量の魚が群れを為す光景は迫力満点です。

海岸線に並行して駆け下がるシンプルな地形のため、水中で迷う心配が少なく、初心者でも安心して潜ることができます。

幅200mと限られた範囲の潜水エリアではありますが、砂地、ゴロタ、ソフトコーラルの群生とエリアによって環境が異なるため、観察できる生物や景色に飽きることがありません。

ゴロタ:大きめの岩や石のこと。ビーチの砂利止めなどに利用されることも多い。
ソフトコーラル:サンゴの仲間の中で柔らかい骨格を持つもの。ヤギやトサカ、イソバナなど。

海藻の森が広がる春、産卵シーズンを迎える夏、タカベやイサキが群れを為す秋、井田ブルーに染まる冬。
小さな生物をじっくり観察したり、魚の群れをダイナミックに楽しんだり、幅広いダイビングを楽しむことができます。

スジハナダイの幼魚
スジハナダイの幼魚

ダイビングのシーズナリティ

井田の海の魅力を春夏秋冬に分けて、ご紹介します。

春の井田

3月頃からホンダワラ類が水深3~5m辺りの浅瀬に群生し始めます。

そこを住処とするソラスズメダイやクロホシイシモチなどの小魚が徐々に成長して群れを成し、5月頃には一気に華やかさが増してエントリー直後から楽しませてくれます。

夏の井田

6月頃から生物の繁殖シーズンとなります。

オキナワベニハゼやイチモンジハゼ、クロホシイシモチ、セホシサンカクハゼ産卵や卵を保護する姿、ハッチアウト、縄張り争いなど、普段とは違った生態観察ができます。

キンギョハナダイやアカオビハナダイの産卵も夏が一番活発となり、メスがオスと巻きつく産卵シーンのクライマックスが観察できるかもしれません。

アカオビハナダイの産卵

秋の井田

黒潮の影響を最も受けるのが秋。
西伊豆でダイビングをするベストシーズンと言っても過言ではありません。水温が高く、生物が一年の中で最も溢れる季節となります。

魚の動きが活発になり、タカベやイサキ、スズメダイなど様々な魚が大きな群れを成す様子は迫力満点。縦横無尽に泳ぎ回る様子を観察することができます。

また、夏に産卵された卵が孵化をして、幼魚が一気に増えるのも秋の名物の一つ。至るところに潜む可愛らしい幼魚を堪能してみてください。

クマドリカエルアンコウの幼魚

冬の井田

透明度が安定して、紺碧の井田ブルーに癒されること間違いなし。
青く透き通った海に、光が差し込む様子は幻想的です。

ゆったりと生物観察をするのが楽しく、駿河湾ならではの深海生物に出会えるチャンスも多くなるシーズンです。

ダイビングポイント紹介

井田の代表的なダイビングポイントをご紹介します。

井田ビーチ

静岡県の水質調査でも常にNo.1を誇る海水浴場として人気の場所でもあります。
海の中は駿河湾の特徴である、どん深な地形と潮流の通りが良いことから「井田ブルー」と称されるほどに透明度が高く、また、ビーチながら群れを為す魚の量が多いことが特徴です。

桟橋からジャイアントストライドエントリーでエントリー可能なので、足元が不安定な岩場を歩く必要がないことも魅力のひとつですね。(岩場を歩いてのエントリー、エキジットも可能)


【エントリー・スタイル】桟橋からジャイアントストライドエントリー(セッティングエリアから徒歩約1分。岩場を歩いてのエントリーも可能)
【最大水深】35m
【流れが出た場合】コース取りに影響を与える流れが発生することがある
【ナイトダイビング】×

井田、井田ビーチのオープン確率

井田へのアクセス情報

車でのアクセス:
新東名高速道路の長泉沼津ICから車で約1時間で到着します。
有料の井田区駐車場(1日700円)が200台用意されており、終日駐車可能です。

電車でのアクセス:
伊豆箱根鉄道、伊豆長岡駅を下車後、車で40分で到着します。
駅からの送迎サービスを行っているショップもあるので、確認してみましょう。

井田の観光情報

毎年1月上旬から2月下旬にかけて見頃となる菜の花は、沼津市の名物とされています。
満開の菜の花で作られる花文字と、駿河湾越しに佇むダイナミックな富士山を一望できる「煌めきの丘」は、ついつい写真を撮りたくなるフォトジェニックなビューポイントです。

井田のダイビングポイントから車で15分ほどの場所には戸田漁港があり、周辺では海鮮グルメを味わうことができます。
戸田漁港の名物、新鮮なタカアシガニをぜひ堪能してくださいね!

ランチは、井田から車で30分ほどの伊豆長岡周辺がおすすめ。
そば処橋本やひょうたん寿司が人気です。

▶︎そば処橋本(http://www2.wbs.ne.jp/~sobahasi/
▶︎ひょうたん寿司(http://hyoutan-sushi.com/nagaoka/nagaoka.html

情報・写真提供:井田ダイビングセンター(https://www.itadc.com/

ScubaMonsters編集部

131,978 views

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。