MAGAZINE

彩りの石垣島★マクロ入門編の巻

海のレポート

みんな大好き青い海♪そう!沖縄〜っ‼︎
ダイビングを始めたみんながまず想像するのは透き通った青い海ですよね?

青色だけじゃ語れない、石垣島!

今回はその中でも石垣島について♪

はい!こーんなでーっかいマンタ狙いのダイビングももちろん最高!

なのですが、今回はマクロ大好き美鈴目線で彩り豊かな石垣島をご紹介します。
さぁ!!︎みなさん!まったりついてきてね〜♪

みてみて〜っ!

見慣れたキンギョハナダイもこんな背景で撮るとより素敵なんです〜
うひょ〜かわえぇ〜!おっと鼻血が。笑

カメラを向けると至る所にカラフルな色があるのが、石垣島に何度も足を運んでしまう理由のひとつ(o^^o)

伊豆にはいない種との出会いももちろん楽しい!

背鰭に日輪!山に登る太陽のごとく、岩の上から周りを見渡し中のニチリンダテハゼ♪
体側のオレンジの線が日の光にみえてきたぞ〜笑

こちらの素敵な和名を提唱されたのは、皆さんご存じ!上皇さまなんです。

(現在は天皇の座を譲位され、上皇となられました。)

腹が減っては戦はできぬ!?プチ情報・食と宿

さぁて♪

何から紹介しようかわっくわくで迷っているところなんですが、腹が減っては戦はできぬということで、石垣島といえば焼肉が有名!

おすすめのお店をサクッと紹介しますね♪

石垣島きたうち牧場 浜崎本店

こちらはあっさりした赤身肉がとっても美味しかったのでまたリピートしたいと思っていま〜す。

そして私が初回の石垣訪問時に泊まって快適だったホテルはこちら

比較的リーズナブルなのに大浴場付きなのが最高!
朝ごはんに出てくるもっちり系アップルパイはぜひ食べて欲しい〜!

目の前がコンビニで非常に便利♪
立地も街の中なので多くのダイビングショップさんが送迎に来ていただける辺りかと思います〜

桃色おめめのアイドル

さてさて。海の話に戻りましょう〜
まずわたしがおすすめするアイドルはこちら!アカメハゼ♪

アカメハゼの名の通りこの子達は目が赤いのですが、私にはピンク、桃色に見えます。
桃目ハゼに改名したほうがよろしいのでは……?という気持ちに何度なったことやら。

このモモメちゃん…じゃないや、アカメちゃん達はいつもサンゴの上をぴょこぴょこふわふわしてみんなで仲良く生活しています。

こっちでもぴょっぴょ!
あっちでもぴょっぴょっ♪

ぴょぴょぴょ!って独特の動きでホバリング。
この動きには癒し効果があるのかも〜

時間を忘れてずーっとみていられます。笑

アカメハゼが産卵する時は、サンゴを白くツルツルにして、そこに卵を産むんだって。

どうやって削るのかな?と思ったら、サンゴのポリプをかじり取ることで殺しちゃうんだって。…白くなるのは石灰質の骨格だけが残るから。

なるほど。サンゴにとってはちょこっと怖い存在のようですね。
かわいいおめめが急にギンっ!と血走ってるように見えなくもないような…

それもこれも繁殖のため(•ᴗ•; )
母はつよし!なんですね♪

おっ!

よーく観察していると、いましたいました!まだおめめの色も薄い様子のアカメハゼの赤ちゃんっぽい子。
まだ薄メハゼだ〜かわいい(o^^o)

いつか卵も見てみたいです。
ハッチアウトしたての子の目は何色なんだろう。

こういうちびちび〜の、ちびすけを撮る時はなかなかサクッと撮るのは難しいので…ガイドさんとブリーフィング時に時間をかけたい旨を擦り合わせておくのが良いですよーん!

ここでアカメちゃん達とよく一緒に見かけるのがオヨギイソハゼ軍団です。

ちびっこ軍団も可愛いけど、ぜひみていただきたいのがオス!
オスはひときわ大きくて鰭がとってもゴージャスなので是非注目してみてくださいね♪

紅色ハゼのススメ

さて、マクロ派が大好物のベニハゼの定番!オキナワベニハゼもここ石垣ではオオシライトゴカイとコラボしているシーンが見られてキュン!

こんな感じです!

ハゼの紅色だけでも素敵なのに、華やかでおしゃれなお住まいですなぁ!

このオオシライトゴカイって、可憐な白の鰓菅(さいかん)が華やかなお花みたいでめっちゃキレイじゃないですか?
実は沖縄フリークの友人が撮影していて、いつか撮ってみたいとひっそり憧れていた被写体なのでした♪

こちらはスジシマイソハゼさん。

え?焼肉後のおやつのおまんじゅうではありませーん(笑)
この子のお家もとっても居心地良さそうです、うーん!こんな撮り方も素敵!

こちらは石垣の名を冠したイシガキカエルウオ。

おめめがぱっちり♪

ひまわり風の珊瑚の上にちょこんと。
ただ乗っているだけでアイドルの風格です。

こんなシュチュエーションがたくさんあるもんだから大変!右見たり左見たり、忙しいダイビングを覚悟してください!笑

白色の砂地愛

さーてさてさて、南方への旅でわたしが楽しみにしてるのが、、、砂。笑
南方に行くと珊瑚の欠片が細かくなった石灰石由来の砂が広がります。

石垣島も砂地の砂は真っ白。
青い海に白い砂!これぞダイビングを始めた頃の私が求めていたTHEダイビングの光景なんですよね♪

砂地散歩へgogo!

そんな白砂の上を進んでゆくと…

ででんっ!

この正面顔!
みたことありますか?誰でしょう!

正解は…

ホシテンスでした!
背鰭先端の棘が槍状となっていることでTHEテンスと見分けられますよ♪

ホシテンスくんの正面顔ってあまりみたことなかったので写真を見て思わずぷぷっと笑っちゃいました♪

では!もういっちょ正面顔クイズ〜
ででんっ!!

これは、簡単だったかな??

この子はヒレナガネジリンボウ!

いつもは横から見ることが多いけどまん前から見上げるとちょっとユニークで非常に愛くるしいですやーん!

緑色の隠れ家

他にも砂地のサボテングサの上にはウミショウブハゼ属の一種がちょこんとのっていたり

緑の茂みにセダカカワハギさんが隠れていたり。
砂地と言っても緑がたくさん。

あれ?ちょっとちょっと!

きみ、なんでそんなにしょんぼりしてるの?

賑やかハッピーな石垣島に住んでるのにそんなお顔しないで〜!笑
今にも泣き出しそうな表情に、話聞こうか?って話しかけたくなってしまうぅぅ、、
この子、今も元気にしてるかなぁ、、、

こんな感じで、白砂の上も色は賑やかなのでございます。笑

淡色にきらめく…壁!?

去年手に入れたクローズアップレンズを使うべく、ちっこいものを探していると、ガイドさんがカビたような壁を指さしている…
正直なところ肉眼では何がいいのかわからなかったんですが、半信半疑で写真に撮ると…

めちゃくちゃキレーイ!

この生え物は通称)キャンドルナイトウミヒドラと呼んでいるそうです。

これは?何色だろう…淡色にきらめく様子がとてもキレイ。壁すら美しいよ石垣島〜!

色とりどり!書ききれぬ魅力

あぁ、どうしよう、書ききれぬ!

カンザシヤドカリさんも腕を組んでうーんと困っているように見えてくる不思議…笑

まだ言い足りない!言わせてほしい!!
ってことで、今回は美鈴的石垣島マクロ入門編とでも言いましょうか。
次回はもう少しマニアックに愛するハゼちゃん達について書いちゃおうかなって思ってます〜*\(^o^)/*へへへ!

どうなる事やら、続・石垣の巻。お楽しみに♪

Special thanks:DIVE SERVICE WATANABEネイチャー石垣島ダイビングサービス

美鈴

4,319 views

お魚大好きな歯科医師ダイバー。 主なフィールドは伊豆。 1988年茨城県出身。幼少期より生き物が大好きで特に小動物に詳しい。 2014年にダイビングと出会い...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。