MAGAZINE

初夏の赤沢でハナダイの仲間に大興奮!

海のレポート

「みんなの海日記」は、読者投稿型連載!
海を愛するダイバーによる、リアルな海レポートをそのままお届けします。
一緒に海に潜っているような、身近なワクワクを感じましょう。

今回は、主に伊豆付近でご夫婦でダイビングを楽しまれている、お魚大好きダイバーの美鈴さん!

【PROFILE】美鈴さん

主に伊豆を潜るダイバー。幼少期より生き物が好きで、ダイビングを通して海の生き物が大好きに!2021年、海なし県から海の近くへお引越し。
▶︎Instagram/@diving.bell

東伊豆・赤沢で、大好きなサクラダイやキシハマナダイなどのハナダイの仲間を狙い、水中写真にTRYした様子を綴って下さいました。
ダイビングのストーリーが生き生きと伝わる、軽快な文章にも注目です!

では、はじまり、はじまり〜〜〜!

2022年5月22日、東伊豆・赤沢でボートダイビングをしてきました。

まずは朝のドキドキイベント。
今日ご一緒する方との自己紹介タイム。

わたしは特に写真上手さんだとわかると朝から質問攻めにしてしまいます。すみません。最近、カメラ情報に飢えている私。朝っぱらからご迷惑をお掛けしますが、この情報交換がなんとも楽しいのであります。
今日はどんな方とご一緒なのかなってドキドキは、何ダイブしても楽しみですよね。

今日のご一緒ダイバーは…
ジェントルマンで写真上手なMさん!と、動画派ダイバーの我が夫Mくん。
あれ、私はミスズだし、ガイドはミツルさん。
teamMだネ!今気づいた。笑

あ!赤沢ダイビングセンターでガイドしてくれるのは生物の詳しさに定評のある仲榮眞充(なかえまみつる)さんです。
この方がこれまた明るくてよい!

さてさて。
そんなteamMで、ドボンと一本目。
小浦鼻、通称0番のアンカーブイの下で集合。全員のOKマークを確認してからゆっくりと出発します。

さっそく、キラキラとサクラダイ達が群れています。

サクラダイ♂
サクラダイ♂
サクラダイ♀
サクラダイ♀

とっても綺麗。

サクラダイの中にひときわ輝く縞々模様が…
いつもの場所にいてくれましたキシマハナダイ♂!

ド派手に優雅に。
泳いでいらっしゃいます。
Mさんがキシマに張り付いてる間、わたしは綺麗な背景の場所を探します。

おっ!
黄色いお魚がなんか威張ってる!笑
そーっとそーっと…近くに寄らせてもらってこんにちは〜とご挨拶。

私は野鳥撮影にも興味があるのですが、鳥さん達は近づくと即逃げです。
こうはゆきません。

でも海の子達はゆっくり寄ってやれば近寄らせてくれます。この子なんて、こっちをじーっと見てくれています。
あぁなんて尊い。
可愛く撮ってあげるよ〜!

パシャ!

オキゴンベ
オキゴンベ

胸を張って自信ありげね!
あれ、、でも、わたくし、綺麗な背景を探していたはずじゃ…。
あれま、まぁいっか。笑

さて顔を上げると、なにやらミツルさんがオーバーハングの下をのぞいています。
そこにはきっときっと、ちびちびのベニハゼがいるのでしょう!
私の持ってるカメラは105ミリ!
ちびっこは任せて!
…とまではまだ言えない初心者ですが、小さい子を紹介して〜という気持ちで寄っていくと…

ボードにカキカキ

「105ミリには全く向いてない…」
「ソウシ」

え?
突然のソウシカエルアンコウ??
どれどれ?笑

いやていうかこの子
お尻向けてるし…もはや岩だし!笑

「目を狙って!」

え…
この狭い場所でおしりしか見えんのに?!

とおもいつつミツルさんの顔を見ると笑っている、いや、大笑いしている。
いやこれ無理だと思って言ってますやん。笑
くそーぅ!負けない!笑

なんとかかんとか試行錯誤して
綺麗なお目目ゲット!

ソウシカエルアンコウ
ソウシカエルアンコウ

おめめがブルーに輝いてますね。
岩なんて言ってごめんよ。
おめめが宝石の美人さんです。

そんなこんなしてたら潮がスピード上げてきたので、さっくり浮上!

赤沢は深い為、休憩時間を長めにとってくれます。
テラスでミツルさんのタンク運びを見守って、おやつ食べてまったり休憩。

さてさて2本目!
三角岩、3番からエントリー。

おっ!岩陰から視線が!

ツルグエ
ツルグエ

ツルグエさんです。
深場のお魚って黄色やらピンクやらが多いですね。こんなに派手なのに、すぐに岩陰にお隠れになります。

きみから見てきたくせに!
こっちが見ると隠れるとは〜!

さてさて。

今日の最大の目的のアカイサキ!
レジャーダイビングの範囲で見れることは稀なお魚です。
情報を聞いて飛んできたのです。

アカイサキ
アカイサキ

い、いてくれた〜!かわえぇぇ!!
郵便マークがあることから海の郵便屋さんと称されます。

ふと、目を離し横を向くと…

え!
かわいいやっこがいるじゃないですか。

トサヤッコ

えーっと、
尻尾の根元が黒ければトサヤッコ、
黒くなければヤイトヤッコ、なはず。

えーっと、えーっと…
この子は…トサヤッコね!

反対横にはキツネベラ!
あらまこの子はちょっとお顔に筋が。赤ちゃんっていうよりは小中学生かな?

キツネベラ
キツネベラ

こんなふうに個体差を観察するのも楽しかったりします。

そんな中アカイサキさんはキタマクラさんのところに郵便を届けに岩陰へ。

見慣れぬ圧強めダイバーから逃げ出したともいう、笑
キタマクラさんの影に隠れちゃった。

因みに、キツネベラは深場で見なくても、時期が来れば浅場でじっくり見れるよとのこと。
皆さんはキツネの誘惑に惑わされないようにしてくださいね!笑
また、トサヤッコは5番の方が狙いやすいそうです。

さて、続いて浅場。
ミツルさんが「とってー」とボードに。
なになに?とついてゆくと。

暗闇の奥の方に…

通称)パンダホヤ
通称)パンダホヤ

通称パンダホヤ!(コバルトツツボヤ)
口を開けてぼへーっと。

赤沢ははえものもつよい!

満足するまでカメラを向けたら窒素抜きも完了です。
今日も大満足のダイビングでした!

帰りの車の中で今日のダイビングを噛みしめる私たち夫婦なのでした。
次はいつどこに行こうかな〜。
おしまい。ちゃんちゃん!

さて、読んでくれてありがとうございます。
楽しかった一日をみんなで共有しませんか?
なんだかやってみたいかもって思ってる私みたいな人がきっといるんじゃないかな???

物腰柔らかな編集長!晴美さんがその気持ち受け止めてくれます!
ぜひに〜!さぁ、次の海日記は誰かな〜。Let’sお問合せ!笑

「みんなの海日記」大募集!

読者投稿型連載「みんなの海日記」では、ダイバーの皆さんの海レポートをお待ちしています!見たもの、感じたことをそのまま素直に綴ってください。等身大のストーリーをお待ちしています。

お問い合わせフォームはこちら

関連コンテンツ

スポット探し「赤沢」

みんなの海日記

1,280 views

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。