MAGAZINE

よっちょれ四国旅♪柏島&愛南たっぷりマクロDIVEの巻

海のレポート

わたくし、8月に四国へ行って参りました!
大好きなマクロダイビングを楽しむべく、マクロ界の超有名スポット高知県柏島&はじめましての愛媛県愛南へ。
「時間が足りんぜよ〜」と叫びたくなった四国旅をお届けします!
皆さんに楽しんでいただけるといいな〜

それでは!ぴょーんとしゅっぱーつ!
高知県龍馬空港でストーップ!急ブレ〜キ!!笑

イレズミハゼsp.のジャンプ ♪(柏島)

高知の夏

高知の夏といえば…そう、よさこい!

お盆休みに高知県に来るならば、是非よさこい祭りに寄り道するのがオススメ。
よさこいとは、高知市内で毎年8月9~12日まで開催される日本屈指の踊りのお祭り。
全国から多くのチームや踊り子、ファンがこじゃんと(土佐弁でたくさんの意)集まります。
わたしの推しはほにや!

見どころは、踊りと衣装のレベルの高さ!
クセのある歌声は耳に残って、気付けば中毒。
とっても楽しそうに、でも上品に踊るんですよ〜毎年わくわく楽しみにしています♡
推しの踊り子さんもおりまして…おっとっと、語り出したら止まらないのでこのくらいに(笑)
ぜひダイビングに絡めて見にいってみてくださ〜い♪

フォトジェニック!柏島

ほいっ!柏島は高知県の端っこ。
よさこいから元気をもらったら車で3時間のドライブ。

ちょこっと距離はありますが足を運んで後悔しない魅力がありますよ〜

よっちょれよっちょれ〜♪と、島までの橋を渡ったら到着です!

「よっちょれ」とはよさこいの掛け声で、どいてどいて〜通るから道をあけて〜って感じの言葉です♪
さてさて、皆様ここまでお付き合いいただきありがとうございます!

柏島ダイビングはじまりはじまり〜
サクッとボートに乗り込み、砂地へGOGO〜

迎えてくれたのは永遠にクネクネ踊っていらっしゃる、コロダイ幼魚さん。
後ろのウニもいい味出してます。

コロダイの動きって独特ですよね?
マグロ的な感じで泳がなきゃ死んでしまうとかあるのかなーって思って検索したらどうやら毒のある魚のゴンズイに擬態し、食べられないように頑張っているとのこと。
頑張って真似っこしているんだね…くぅ、愛おしかぁ〜!

探さないと出会えない系のハゼ代表なイメージのオキナワハゼ!
え、こんなにすぐに??って、紹介されてあっけに取られたおさかなさん。
オキナワハゼ系のお魚って岩の下などの物陰にいらっしゃるのでなかなか会えないんですよね。

早速柏島のポテンシャルの高さを感じました。

はい、すけすけちゃんみーつけた!
セジロノドグロベラかな?

この子の動きがなんとも可愛かった、、、ぴょこぴょこ?カクカク?なんと言いますか、ゼンマイ仕掛けのロボットのおもちゃみたいなコミカルな振り付けで永遠に見ていられました!

そうそう!よさこいって踊り子さんのシンクロ率が最高なんですよ〜こちらの踊り子さんもシンクロ決まってますなぁ〜
…よさこいの影響力は半端ないのです!笑

今回はナイトダイビングにも参加。
毎年この時期はサンゴの産卵を狙うためにナイトダイビングも開催されているそうです。

ナイト初心者のわたし。驚いたのがこちら…

ナイトカラーギラギラのヤリカタギのおチビ!かっこよくないですか!?昼間とは色が変わるんですって!
このギンギラカラーでブイブイ泳ぎ回っているかと思いきや、珊瑚の隙間で寝ていました。
ふらふらと、サンゴにぶつかりまくっていましたよ。寝相が悪すぎるよ。心配になってしまったよ。ヤリカタギちゃん!!

夜の海には着底したてと思われるベビーちゃんもたくさんいて、もうただそこにいるだけでライトに集まる赤ちゃんたちが降ってきて幸せなのでした。
ガイドさんが浮遊系生物も見つけてくださって、教えてくれましたが、なかなか撮影は厳しく!!目で追うだけで精一杯、くぅ、、ダイビングって何度潜っても宿題ができますねぇ。

さてさて、目的のサンゴの産卵。
あともう少しで産卵するよね!って所までは見れましたが残念!時間切れ。実際の産卵に立ち会うことはかないませんでした。

「またきんしゃいね!」って見送ってくれた、ちびっこヘビギンポちゃん。

ナイトダイビングは久しぶりだったのですが色々な発見があり、楽しかったです。
この日は流星群の日と重なり、ボートから流れ星を見ることができましたよ〜
柏島の満天の星空、ロマンチックな夜となりました。

さて、柏島といえばホムラハゼ!だとわたしは思っているのですが、これがなかなか難しい〜
今回会いにはいけませんでしたので、わたしの初めて撮った時の精一杯のお写真を。

柏島のホムラハゼは岩の奥まった隙間に住んでいます。
この子達、これまたライトに敏感なので赤ライト推奨です。

実際のホムラハゼ、本当にちっちゃい!
この華やかなライオンのたてがみにも見える胸鰭の華やかさを想像して会いに行くと実物はほんとーにちっちゃくて繊細!!

初めて会えた時は感動がすっごかったです。
もちろんタイミング次第ですが…柏島に行くならばぜひトライ♪

そんな柏島、あっちにもこっちにも被写体だらけなだけでなくフォトジェニックな場所も多くなかなか水中で前に進めません…(笑)
でも皆さんそんな様子でしたので安心しました(^^)

さすが日本全国からマクロ好きが集まる海なだけありますネ!

ハシナガウバウオ。こんな環境が狙えます。
この背景のウミシダがフォトジェニックでめちゃくちゃばえてます〜!

定番被写体オキナワベニハゼさん。
この山吹色の流れるラインの入る壁が和風に見えてきたのはよさこいの影響かしら。

和風柄の渋い場所にいて思わず撮ってしまいました〜!

カンザシゴカイの仲間はいろいろな色があります。
わたしこの色のカンザシが一番好きです。ミックスの色味がとても素敵。
見つけると撮らずにはいられないんですよね〜皆さんのお気に入りは何色のカンザシですか?

やーん!ちょっと見てください。ニラミギンポ!この子のうるうるっとした瞳といったら…
おしりをぷりぷりぷりさせながら元気に動き回っていました〜!

あ、今なんか食べた!の瞬間!笑
因みにこの子、これをもぐもぐしてぺって吐き出してました、笑
なんだろうこの白いのは…クラゲかな?

…か、かわいいぃぃぃ!!
パンダダルマハゼです。せっまーいところにお住まいなので…もっとふんわり撮ってあげたいけど難易度はエベレスト。
おててぱたぱたしながらぐるぐるとサンゴの間を動き回る〜目がまわるぅ〜笑

そしてそして、念願の真っ白なピグミーシーホース!!きゃー!こっち向いて〜こっち向いて〜!笑

この子、愛南ではホワイトピグミーと呼ばれています。
ふわふわふわわわ〜の白いヤギの中に。
こんなにフォトジェニックな場所ってないよねってくらい素敵なお家♪

サクッと紹介しましたが、まだまだあるんです、書ききれないんですそうなんです…
大満足の柏島ダイビング!時間が足りんぜよ!

後ろ髪をひかれながら次の地へ。

愛南、夏のヨコエビ祭り

さて。柏島から愛媛県の愛南町へは車で約1時間。
因みにこの時、台風15号が迫っていて、翌日潜れるかは怪しいという状況。

それでも向かったわたくし。どうしても見てみたい子がいたんです。
それが小さい小さいヨコエビちゃん。
dive愛南スタッフのめぐみちゃんが発見したことから愛南ではめぐヨコエビという愛称で呼んでいるそうです。和名なしの激レアさんなんですね。

なんと!翌朝、嬉しいことに海はそれほどは荒れず。めぐヨコエビを見に行かせてもらうことができました!

予習済みの目がピンクで丸々丸っこいめぐヨコエビが目の前に!幸せ〜!
よーし!かぁいいぃく撮ってあげるよ〜
…と思ったら、オートフォーカスが効かないじゃないか!

…ぬぅぅ!
マニュアルモードになっている(焦)!!!

はい皆様!目を凝らしてくださいね(笑)…

焦った私がマニュアルフォーカスのみで格闘したお写真がこちら。
ぐはー!めぐヨコエビの前のワレカラが立ち尽くす写真が量産されてしまいました。

皆様、カメラの点検はしっかり行いましょう。(自分がね)実感と愛を込めて筆者からのお知らせでした。くぅ、くやまれます。

悔しがっている私にめぐちゃんがご提供くださった愛情たっぷりの写真がこちら!

うわぁぁ、プリティぃぃ!
私ももっとよ〜く撮りたかったなぁ〜

さて、落ち込んでいる私にキメ顔を披露してくれたお利口さんなヨコエビがこの子。

マキエホテイヨコエビ。
ヨコエビ界では定番の?まんまるくんです。

水中でこんなにまんま〜るな生き物って他に何がいるだろう。
ころんとフォルムとブルーの眉毛がなんとも可愛い!

シマシマなヨコエビの集い。
この時期にこのシマシマちゃん達が集会してるのは珍しいそう。
ヨコエビ界にもお祭りがあったら面白いなぁ〜本来ヨコエビは冬の方が活発だそうですよ♪

さぁ、こちらはきらんきらんのステージに立つ神秘的なホムラスベヨコエビ様!

いや!まぶしっ!!
この子、2mmにも満たない小さな生物なのに崖の上に立っていたのでかなり遠くからでもめちゃくちゃ目立っておりました。

お次はご一緒した方がパスしてくれた子。
指さされた岩の隙間を覗くと…

うっひょー!!
このクネクネとした泳ぎ…そう!コロダイ!

こりゃーちびっこちびすけで身体の向こう側の柄がこっちからでも見えちゃってます。
こんなに小さいのにアーンもしてました。
たくさん食べて大きくなるんだよぅ!

あとあと!愛南でめっちゃよかったのがセンナリイソギンチャクの群生地。

はい、ここ、どこを切り取っても絵になる!
めちゃくちゃ楽しい!(雑ですみません、笑)

ほぅぅぅ、美しいなぁ…

DIVE愛南さんではまだまだ新しいポイント絶賛開拓中♪誰も潜ったことがないところに開拓ダイビング!などの潜り方もできますよ〜とおっしゃっていたので、探検好きな方は要チェック♪

大満足の愛南ダイビング!
愛南におじゃまできた日程は1日…
さぁさぁ、皆さんご一緒に!

「時間が足りんぜよ〜!笑」

桂浜水族館を満喫

さぁ、テレビでは連日お盆に突撃してきた台風の話題で持ちきりでしたが、私は運良く予定が潰れる事なくダイビングできました。
なんだったら台風一過の晴れの日には桂浜水族館まで立ち寄って陸も満喫。

なぬ!早速、楽しそうなの発見!
桂浜水族館ではタートルズスリラーなるアトラクションが楽しめます。

そう亀さんたちの餌やりなのですが、餌を持っているとわかると我先にと寄ってきて、その大きな前ビレで海水をバチャバチャ!笑
さぁ、あなたは上手に餌をあげられるか!?
レッツチャレンジ!笑

実はわたし、一番びっくりしたのは海亀ってお魚食べるんだって事でした。
だっていつも岩肌についたサンゴをカジカジしているイメージだったので…

この機会に調べてみたら、アカウミガメは主に肉食、アオウミガメは主に植物食なんですね!

こうして海の生物の特徴を知ることでダイビングを楽しむことに繋げれたらいいよね♪

今回ご紹介したほにやさんですが、例年1月に東京ドームで開催されるふるさと祭りでも踊ってくれるので関東の方はどうぞ♪

あぁ、だけどやはり一度は本場の踊り子さんの熱気を見てほしいぜよ!と願う、みすずと桂浜の龍馬さんなのでした(^^)/~~  では!

Special thanks:

柏島ダイビングサービス パラディ
DIVE愛南

美鈴

3,961 views

お魚大好きな歯科医師ダイバー。 主なフィールドは伊豆。 1988年茨城県出身。幼少期より生き物が大好きで特に小動物に詳しい。 2014年にダイビングと出会い...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。