MAGAZINE

GUAMにGOGO!マクロTRIPの巻

海のレポート

ハファデ〜っ!みすずです♪

今回は日本を飛び出して、グアムの巻をお届け。
最後にグアムで潜ったのはいつだったかなーと振り返ったら、もう7年も前でした。

日々とはあっという間ですなぁ(ˉ ˘ ˉ; )

早速、私好みのマクロなダイビングを楽しむ為にインターネットの海で予習。
あれ?マクロ情報、少ないぞ…(˙꒳​˙*?)?

そうだ!7年前に撮った写真があるじゃない!と見返してみたら、気持ちよさそうなカメ様だけがうつっておりました。
oh…わからず!笑

日本から3時間半の身近な海外、グアム。
だけどマクロ情報の少ない海外、グアム。

むむ〜燃える!これは現地で調査するしか!!
それでは今回もマクロTRIPにLet’s go〜♪

GuamにGOGO!

日程は3泊4日。1日目はボート、2日目はビーチにて潜ってきました。
透明度は30mオーバーと言ってもいいのでは?
水温は28度程で、一年中ドライスーツ愛好家の私もさすがに5mmのウエットスーツでも寒くなかったです。常夏ぅ〜♪

Bluehole

グアム屈指の有名スポット、ブルーホール♪
今回はこの洞窟にどんなお魚が住んでいるのかを知れたらむちゃくちゃおもしろいなーと。

ブルーホールは、上から洞窟を降りていく潜り方と、下から洞窟内を上がっていく潜り方の2択があります。(そりゃそうね)
今回は下から入る流れで案内していただきました。

港から約20分おふねに揺られたら、ジャイアントでエントリー。
ゆっくりとエントリーロープ沿いを潜降してゆきます。

ロープ下は水深18m。そこから更に、棚横のドロップオフを中性浮力に注意しながら水深を落としてゆきます。

ゆっくりゆっくりと…水深25m。
ズギャーン!あれ?こ、このおちりは!

おーい、お顔をみせて!
みせて!ちょっとだけ!!

ワタシ日本カラキタ!お頼みもうしますー!!笑

シマヤッコちゃーんヽ(;▽;)ノ
なかなかお目にかかれないのでは?

バディにも見てもらいたくて水中で挙動不審になるも、そうこうしている間に岩の奥に去ってゆきました。くぅ、、なんて繊細ちゃんなの。
お顔をみせてくれてありがとうよぅ〜!

黒いしましまの間にほんのりと黄色いしましまが。なんて美しくてかわいい子なの〜泣
いや〜もう既に来た甲斐がある!!

早速グアムのポテンシャルの高さを見せつけられ、興奮冷めやらぬ私。
なんとか水深38mに到着!横穴から洞窟に入ります。

ふとみると、ご一緒した方々はみなさん上を見あげておられました。
そう、ここでは上を向くのが正しいお作法!

穴の形がハートなんです♡かわいい!

人気スポットゆえ以前は非常に混み合っていて、洞窟内に入る為に順番待ちをしたのを覚えてます。
今はまだコロナ明けで観光客数がそこまで戻ってきてないので混み合うことは少ないそう。
じっくり潜るには今がチャンス♪

さてさて、ただおひとり、壁におめめをギンギンに向けているお方が。
我がバディでございます。笑

ナガシメベニハゼに似たイエロードワーフゴビーと思われるベニハゼ。
この子に夢中になっていたようです。

私はちびっ子を探す予定でしたが、みどりのはえものがシャンデリアのようにゆらゆらしていて、写真映え〜♡

めちゃくちゃ素敵で、この生えもの付近の観察だけにぽやっとたくさん時間を使ってしまいました…海の中ってほんと時間が経つのが早くないですか?笑

シマヤッコの興奮冷めやらぬ私。
しましま繋がりで目に入ってきたのは、ほっそりきゃわいいカスミオイランヨウジちびちび(不発)

写真のぶれぶれ具合で私の興奮具合が伝わりましたら幸いです。笑

続いてトガリエビス〜

うんうん、こちらは落ち着いて撮れている。笑

やはり洞窟。暗闇を好みそうな面々ですな!

この子はオオメハゼかな?
いまだにオオメとペガススとの見分けを迷う私です。違いは…顔にてんてんがあるかないか!

なんと、憧れのカレハスズメダイもここではよく見られる普通種なんだって〜。

はい、おちり〜!

…今回は調査ってことで、ボツ写真も積極的に載せてゆくスタイル、笑
お尻しか撮れなかったのよ〜悔やまれまする!

ハナダイ系はハナゴイが2、3匹ゆらゆらと漂っていて、ハートの蓋にハナゴイが舞う様子はずっとみていられました。

穴を抜けたら棚上でチェックすべきは、グアムリーフダムゼル♪
名前の通り、グアムでよく見られる種のようです。
ただ、私が潜ったスポットではここでしか見られなかったので見つけたら忘れずに写真に収めるのがおすすめ。

もう一つグアムらしいマクロのおすすめとして、みたかったクジャクスズメダイ。
はい、こちらの方々はたーくさんいました!!

日本でよく見る普通のソラスズメダイと比べるとお顔に模様が入ってより華やかですね!

American Tanker

お次はアメリカンタンカーへ。
直径150mを越す大きな沈船に潜れちゃいます。
元々はアメリカの砂利運搬船だそうで、第二次世界大戦後に沈められたそうです。

アプラ湾内にあるので、ブルーホールより透明度は落ちるけれど海況が安定しているんだって。
私が潜った日もとても穏やか〜♪

水面からは沈船は見えないのですが、水深を落とすにつれて船体が見えてきます。
潜降ロープ伝いに船まで降りるとそこは水深16m。
全景は見渡せないくらい大きいぃ!

船室は三室。入ることもできるんだって〜
ガイドさんにマクロやるなら船首の付近がおすすめですヨと教えていただき、その付近を自由にうろうろさせていただきました。

早速見つけたのは、ニセネッタイスズメダイのちびっこ。
と思いきや、調べると幼魚は黄色なんだって。この大きさで大人なんだね♪

沈船とは思えないメルヘンなカラフルさ♪

お次はトレイシーズダムゼル。

くぅ、ほんとにちびちびちゃんの動きってなんでこうもかわいいのでしょう。

おっ!周りを見渡せる特等席で胸を張っている子を発見。

少しホバリングしてはこのお気に入りの場所に戻ってくる様子を観察するのがとても楽しかったです。

ここでも緑の生えものがとっても素敵でテンション上がりました〜(*´꒳`*)

このブルーの虎柄のホヤも初めてみたような…?なんだかしましまばかり目に入る〜

名付けて!シマヤッコ引きずり病〜笑

最後は沈船を離れて、防波堤付近の浅場へ。安全停止を兼ねて浅場でも遊べるのって嬉しい!
ここで目についたのはブダイのちびっこ集団〜♪

同じようなグループがここにもあそこにも〜おうおう!ブダイトルネードだ〜!

お顔の黄色いイトヒキブダイはなぜか各グループで1匹でした。気が強かったりするのかな?

イトヒキブダイは日本だと小笠原諸島でしか見られないので心ゆくまで観察〜♪

それとここではクロメガネスズメダイがあっちにもこっちにも。
たくさん見ることができました!
体側の青いしましまが素敵〜♪

あかん!またしましまが!しましまが目に入ってきてしまう〜笑

LONE STAR Steakhouse

さて1日目レポが終わったので、ここで腹ごしらえをご紹介。
円安+物価高で飲食代がかなり高くついたのですが、もうそこは旅行と割り切って食べたいものを食べに行きましたよ〜

アウトレットから歩いて5分程で行きやすいローンスターステーキハウスさんへ♪

LONE STAR Steakhouse Guam (Instagram)

おビーフ〜♡とってもおいしかったです!

しかしバディが食べたフィレステーキは歯応え抜群|ノo・)コッソリ

お腹いっぱいになるにはよく噛めと教わったけど…後半はもうおかしくなってきて笑いながら食べてました。
それはそれで記憶に残るよい夕飯であったのでよし!笑

美味し過ぎたのはデルモニコステーキ!

こちら、食べ応えありあり系フィレ!

Fisheye Marine Park

さて2日目。

船は出ないけれど体験さんと同じ場所へなら連れて行っていただけるとのことで、フィッシュアイマリンパークにてバディダイブ。

海中展望台付近の最深部でも10m程度。
ガイドロープが引いてあり、ロープ沿いにはダスキーアネモネフィッシュが。
ハマクマノミに似ているけど腹鰭、臀鰭がブラックなのです。

グアムで潜るなら絶対観たいと思ってた、ミクロネシアで観察されるクマノミです。

こちらはおそらくちびっこ。成長するに従って線が一本になるみたい。

でも、上の子も下の子も同じくらいの大きさ。お魚のこういうのってどんなきっかけで変化するんだろうね〜不思議!

近くにはイエローカーディナルフィッシュが。
こちらも是非みておくべき魚種かと思います♪

なんと、口内保育中でした。狙っていたわけではなかったのですがおめめキラキラの卵たちを見ることができてとっても嬉しかったです。

テンジクダイ科はオスが口内保育をするそう。
その間の2週間は絶食が必要なんだって。

くぅ、こんな小さいのにそんなにも食べずに生きてゆけるエネルギーがあるんだね。
なけるよ父ちゃーん。

そして、無事に孵ったと思われるチビたちも周りにふよふよ。

説明不要でございます!
存在がめちゃくちゃkawaii〜(*´꒳`*)!

付近にはイトマンクロユリハゼが。
キラキラのお顔がまぶしい〜⭐︎

桟橋の先端まで行くと海中展望台を見ることができます。
水中で見る大きな人工物。迫力があってカッコよかったので、一見の価値あり!

展望台の目の前にて、一番心に刺さってしまったのがこちら。

じゃじゃん!

オウゴンニジギンポのちびちび♡2センチ程度。

日本でも会ったことはある魚種ですが、こんなにちびちびははじめてかな!
こんなにちいこい子はきっと展望台からは見えないと思うので、ダイバーだけの特権ですね♪

枝状のサンゴの付近ではクラカオスズメダイとフタスジリュウキュウスズメダイが華やか。

いつまでも海から上がりたくなくなったところであっという間に2日間おしまーい(> <。)

Cafe Gudcha

ここで息抜きにgoodなカフェをご紹介〜!

Cafe Gudcha • Guam (Instagram)

こちらにはポテトって名前の看板わんこがいるらしく、犬好きの私は日本から結構楽しみにしていたんです。
カフェに辿り着くもわんこ見当たらず。おいぬは?と店員さんにきくも、今日はお休み中とのこと、、

ワ、ワタシ日本カラキマシタ。。。

…ポテトにあいたかったなぁ〜。

でも店員さんがfriendlyで、雰囲気もgood!
更にWi-Fiもあってvery good!

一押しカフェでございます♪

看板メニューのアサイーボウル。
甘すぎずさわやか。

今まで食べたアサイーボウルで一番美味しかったです。次もリピート決定です♪

SnorkelingにGOGO!

さて。

今回はダイビングだけじゃ足りなくて(笑)
泊まったグランドプラザホテルからすぐ近くの未知のビーチにも出陣してみました!

よくガイドブックに載っているグアムのスノーケリングスポットといえば、イパオビーチかガンビーチ。
どちらも散策したことのある私のおすすめはイパオビーチ。

ガンビーチはかなり岩がゴツゴツしていて怪我に充分に気をつけなければいけませんが、イパオは比較的砂のビーチが広いのとライフセーバーの方がいて安心なのですよーん。

Fujita Beach

こちらのビーチ、現地のちびっ子達が本気ビーチバレーをしていたり、おばさま達が海の中でビーチパラソルを立てて海で涼みながらおしゃべりしていたり、うーん!異文化♪

私もそんな素敵な週末を過ごしてみたいもんです。
あまり旅行者は行かない、そんな場所に行くのも海外旅行の醍醐味かも♪

さてさて、早速どんな子がいるかな〜と散策。

目立っていたのがハクテンカタギ!
ついついストーカーしてしまいました|ω◉`)じー

どどん!オバケインコハゼ〜!
うひょーかっちょよ!!

更にここではワタクシ、サラサハゼの色味に興味しんしん。

いつも色の異なるサラサハゼが2匹でいたので、オスとメスなのかもと思って調べてみました。
図鑑には生息域により体色が異なると書いてありました。同じ場所に住んではいらっしゃると思うのですが。。。うーむ。

因みにブダイトルネードやフタスジリュウキュウスズメダイ、トレイシーダムゼルも見られたし、ホシハゼやセグロチョウチョウウオなんかは沢山いたよ〜♪

ShoppingにGOGO!

今回、GOGO!GUAM PAYキャンペーンを利用することで一人30ドルのポイントがもらえました♪
全国旅行支援のグアムバージョンみたいな感じかな?

とにかく海外に行くとサングラスか水着が欲しくなるワタクシ。
今回はオークリーのサングラスに狙いを定めて免税店に出陣!

グアム中のオークリーを試着して…(笑)

お気に入りを決めたら、スタッフさんを引き継ぐこと3人。
なんとか使える紙のギフトチケットを手に入れました。
あれ?…電子決済のよさとは、、?とはなったものの無事にサングラスをゲットすることに成功!

記事執筆時にはまだクーポンをもらえそうなツアーがたくさんヒットしましたよ〜♪
是非調べてみてね♪

お次はグアムにきたらきっとみなさん寄り道するKマートでおすすめのお土産探しをしてみました〜

た〜くさん売ってるバナナチップスとドライマンゴーを食べ比べする遊び(*´艸`)
我らがこれがいちばん好きってなった商品がコレ!

バナナチップスは薄く飴でコーティングされている様子で、サクサク♪

マンゴーはじゃりじゃりしていない自然な味で美味でした!

もうひとつのおすすめはこちら。

日本では歯のホワイトニングには医師の処方が必要なのですが海外ではそんなことなく、スーパーで買えちゃうんです。

シート型のホワイトニング剤は日本で主流のジェルタイプよりも不快感が少ない+時間が短い(30分)のでお気に入りです。

羽田からGOGO!

なんと5月から羽田発の直行便が就航したそう!
しかも毎日運行〜!パチパチ!!

時間をチェックしてみると…

・UA848便: 羽田(23時55分)発~グアム(翌04時45分)着
・UA849便: グアム(19時05分)発~羽田(22時00分)着

これは!!今回の成田空港利用の日中便よりも1日多く潜れちゃうのでは…?
正直2日じゃ全然潜り足りなかったので、これは嬉しい♪

またお金を貯めて会いに行きたいな〜!

ではでは皆様、Have a great summer♪

美鈴

4,290 views

お魚大好きな歯科医師ダイバー。 主なフィールドは伊豆。 1988年茨城県出身。幼少期より生き物が大好きで特に小動物に詳しい。 2014年にダイビングと出会い...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。